マサチューセッツ州ボストン - 2021年3月4日 - 現在、産業を超えて、デジタルトランスフォメーションは非常に注目されています。また、コンシューマーも日常生活に多くのデジタルツールを活用していることも考えると、エレクトロニクス業界やIT業界は、今後、これまで以上に多くの産業分野のエネーブラーとして活躍可能な非常にユニークなポジションにあります。そこで、先端技術調査を専門とする米調査会社ラックスリサーチは、年次技術予測レポート、「Foresight 2021:Top Emerging Technologies to Watch(Foresight 2021: 2021年に注目すべき先端技術)」にて、2021年に注目すべき技術の総合ランキングとしてのトップ12の技術に加え、エレクトロニクス・IT分野における主要技術トップ5を発表しました。

ラックスリサーチは、本調査にて注目の技術を特定する際、まず、独自開発のデータアナリティクスプラットフォーム、『Tech Signal(テックシグナル)』にてイノベーションデータの分析を行い、技術開発への関心が急速に高まりを見せている技術を特定しました。ただし、注目度が高く技術開発が盛んに行われていたとしても、規制や事業性など、商用化において克服すべき重大な課題を抱えている技術も存在します。そこで、データ分析によるランキングに対し、自社の技術専門家であるアナリストが事業性などの最終的な技術評価を行い、今回の総合ランキングおよび産業別を作成しました。

エレクトロニクス・IT分野で2021年に注目すべき技術トップ5は以下の通りです。

1. AI搭載型センサー:人工知能(AI)搭載型センサーは、重要なデータの収集・検証に向けてハードウェアとソフトウェアを統合しており、コンシューマー向けウェアラブルから医療機器、産業用IoTまで多くのユースケースにて活用可能です。

2. デジタルバイオマーカー:データストリームを分析して各種疾患を特定することを可能にするデジタルバイオマーカーは、ヘルスケア事業に関心を持つエレクトロニクス企業には注目の技術です。

3. 自然言語処理(NLP):エレクトロニクス企業やIT企業は、自然言語処理(NLP)技術を自社データの活用あるいはサービスとして提供することにより、新しいサービスの提供や産業セグメントへの参入が可能です。

4. エッジコンピューティング:ハードウェアやソフトウェア技術の革新を受け、重要な計算機能をクラウドからエッジ側で処理することが可能になり、トラフィックの負荷軽減やレイテンシーの課題に対応することができます。

5. 合成データ:人工知能の学習には大量のデータが必要となりますが、実際のデータが少ない場合は合成データが活用できます。合成データを活用することでデータの多様性やデータプライバシーの確保が可能となります。

ラックスリサーチのヴァイスプレジデント、Kevin See, Ph.D.は次のようにコメントしています。

「デジタルトランスフォメーションはすでにコンセプトとして語られていたステージから脱しており、デジタル技術の導入を検討する企業は、過大評価されている企業やツールを避け、実際に投資効果を得られるような形でデジタル技術を活用していくことが重要です。センサーのアウトプットにAIを活用する、デジタルバイオマーカーを分析して各種疾患を特定する、エッジコンピューターを利用してローカルでほぼリアルタイムでデータのもたらすインサイトを抽出する、など、今回選ばれた5つの技術の中心となるテーマは、データから価値を抽出することにあります。」

エレクトロニクス・IT分野で2021年に注目すべき主要技術トップ5をまとめたインフォグラフィックはこちらからダウンロードしていただけます。

ラックスリサーチについて

ラックスリサーチ(本社:米国ボストン)は先端技術の事業性評価・動向調査を専門とする米系調査会社です。世界の大手企業、政府系機関、コーポレートベンチャーキャピタル、大学、スタートアップ企業を主なクライアントとし、先端技術が生み出す事業機会特定をサポートしています。

データに基づく分析。信頼できるオピニオン。より良い意思決定を、より早く。

詳細は www.luxresearchinc.com/ja/homeをご覧ください。またEight企業ページLinkedInやTwitter (@LuxResearch)にてラックスリサーチの最新情報をフォローしていただくことが可能です。

お問い合わせ先:
ラックスリサーチ
戸口久子
hisako.toguchi@luxresearchinc.com



Copyright 2021 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com