TOKYO, May 26, 2021 - (JCN Newswire) -  三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表執行役社長兼最高経営責任者:加藤 隆雄、以下三菱自動車)は、新型クロスオーバーSUV『エクリプス クロス』のPHEVモデルを6月1日にニュージーランドで発売、7月には豪州で発売します。当社は持続可能な社会の実現に向けてプラグインハイブリッドを軸に電動車の普及を促進しており、今回の投入によって商品ラインアップを拡充します。

新型『エクリプス クロス』のPHEVモデルは当社の二車種目となるプラグインハイブリッドEVで、ツインモーター4WD方式のプラグインハイブリッドシステムを『アウトランダーPHEV』から継承し、スポーティな制御に設定しています。力強く滑らかで静かな電動車ならではの加速性能と、車両運動統合制御システムS-AWC*1による意のままの操縦性と卓越した安定性を実現しました。また、自ら発電できるため、満充電・満タンの状態であれば、V2H*2機器を経由して一般家庭の最大約10日分*3に相当する電力を供給することができ、非常時では頼もしい電力源となります。

当社副社長の矢田部陽一郎のコメント
「ニュージーランドでは『アウトランダーPHEV』の累計販売台数がプラグインハイブリッド及び電気自動車カテゴリーの中で同国最多*4となるなど、当社の環境対応車を高くご評価いただいています。『エクリプス クロス』のPHEVモデルは環境性能に加えて、どなたでも安心して楽しめる軽快感のあるハンドリングで走りの魅力を高めています。既に販売を開始している日本と欧州でご好評いただいており、ニュージーランドと豪州のお客様にも自信を持ってお届けいたします」

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2021/detail5526.html

概要:三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード「Drive@earth」
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp

Copyright 2021 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com